意外と知らない?妊婦が気を付けたらよいこと(食べ物と飲み物)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、友人とこんな話になりました。

友:)コーヒー良くないって言われたんだよねー

私:)カフェインよくないってよく聞くもんね

友:)え、そうなん?知らなかったよー

うんうん(´ー`)

こういう会話って

妊婦さんあるあるじゃないでしょうか?

出典:https://www.photo-ac.com/

私も妊娠初期には

周りからよく言われたものです。

実際には、何を気をつけたら

良いのでしょうね?

友達との会話から

一度調べてみようと思ったので

今回は『妊婦にとってはよくないこと』

をまとめてみました(‘ω’)

宜しければ、最後までご覧ください。

◆【妊婦】関連記事

新型コロナウイルス感染を防ぐ予防法は?妊婦への感染リスクはあるのか

スポンサードリンク

気を付けること① ー【飲み物】ー

①アルコール類

ビールやカクテル、焼酎など

お酒が好きな方もいらっしゃいますよね!

ただ、妊娠中のアルコール摂取は

注意が必要です。

胎盤を通じて、アルコールが

赤ちゃんに届いてしまいます。

絶対に飲んではいけない!!!

では、ありませんが過度に摂取した分

赤ちゃんの発達に影響を及ぼすので

できるだけ控えた方が良いです(‘ω’)ノ

②コーヒー

出典:https://www.photo-ac.com/

WHO(世界保健機構)により

コーヒー摂取量は1日300㎎までが良いとされています。

目安としては、コーヒーカップ2杯くらいです。

③カフェインが含まれているお茶

出典:https://www.photo-ac.com/

ウーロン茶、緑茶、紅茶などは

カフェインが含まれているお茶の部類です。

1日2~3杯までにしておくのが良いそうですよ。

④ハーブティー

出典:https://www.photo-ac.com/

カモミールやハトムギなど

ハーブティーは子宮の収縮作用があるそうです。

つまり赤ちゃんが苦しくなってしまいますよね( ..)φ

多くてもマグカップ2杯くらいで辞めておくことが

オススメだとか。

他にも、ハーブティーお好きな女性は多いと思いますが

普段飲んでいる物や、新しく購入を検討している物など

注意書きをしっかり確認して

担当医に相談しておく方が良いそうですよ。

カフェインは摂るとホっとしたりしますよね。

私も朝はコーヒーを飲みたいと思うんですよね。

むしろ大好きなんですよね。。。

ちなみにブラックが好きです。

ただ!寝る前には飲まない方が良いとも

聞いたことありませんか?

実は、摂りすぎると イライラしやすくなったり

疲れやすくなるというデメリットがあるそうです。

質の良い(十分からだを休めることが出来る)睡眠を

妨げる効果があるようなので良くないそうですね。

ノンカフェインのコーヒーも最近色々出てて

市販でも見かけますからそれを飲む分には

気にしなくて済みますよ(*^-^*)

ちなみにお茶も同じで、ノンカフェインと

記載のあるものを選べば、最近は種類も多いので

良いと思います(*’▽’)

個人的にはルイボスティー好きです♡

出典:Amazon

スポンサードリンク

気を付けること② ー【食べ物】ー

①生もの

出典:https://toyokeizai.net/

生魚などお刺身や・お寿司、生ハム、生卵など

過熱していない食品は

食中毒のリスクがあるため避けることが

賢明だそうです。

妊娠中は免疫力が低下しているため

ある程度のウイルスや細菌に負けてしまいます。

肉類の生ものや、生野菜、果物など

トキソプラズマという寄生虫がいる場合があります。

低い確率ではあるものの、体内に入ることにより

胎児に感染、死産や流産、新生児の間に重篤の障害を

起こす恐れがあるので、注意です。

②水銀を多く含む魚

出典:https://www.mapple.net/

金目鯛、メカジキ など

水銀は、魚の体内に残留するものだそうで

食べることにより人の体内に取り込まれます。

妊娠中は、胎児に水銀が送られてしまい

発達に影響を及ぼす危険があると言われています。

【妊娠中は注意!】という魚に関して、

厚生労働省が発表しているようです。

食べても1週間に切り身の半分~一切れ程度以内

と摂取量を注意する必要があるとのことです。

厚生労働省『これからママになるあなたへ』

https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/051102-2a.pdf

もう、それなら思い切って食べない!

としてしまった方が、気にしなくて済みますね。

③ビタミンAが多く含まれているもの

出典:https://www.amazon.co.jp/

レバー、うなぎなど

ビタミンAは妊娠中に摂取しすぎると

赤ちゃんの形態に異常を引き起こす恐れが

あるそうです。

貧血の改善のために、レバーを食べる人もいますが

妊娠中は避けましょう。

④辛いもの

出典:https://www.toyoda-shouten.com/

キムチやスパイス系の辛いものは

単純に胃に負担がかかるため避けた方が良いそうです。

胃に負担がかかると、もちろん胃痛などを引き起こしますね!

それにより、自身の体調管理をせざるを得なくなります。

食欲が落ちると、バランスの良い栄養素も胎児に十分に送れないため

胃には優しいものを食べるように心掛けた方が良さそうです。

⑤加工肉・インスタント食品

出典:https://dime.jp/

ハムやインスタントラーメンなど

手軽に食べれて美味しいものですが。。。

食塩が多いため、血圧が上がる恐れがあるそうです。

食べたとしても例えば週1回にしておいて、

スープは飲まない。など

出来る範囲での配慮をしてください(‘ω’)

⑥海藻類

出典:https://odashi.co.jp/

昆布、わかめ、ひじきなど

一見、健康に良さそうなので取り入れたくなりそうな

海藻系の食材たちですが。。。

海藻系の食材には【ヨウ素】が含まれていて

摂取過多となると、赤ちゃんの甲状腺機能の

低下につながるそうです。

特に多く含まれているのが【昆布】

妊娠中に積極的に取り入れるのは

避けた方がよいそうですね。

スポンサードリンク

サプリメントはOK?

出典:https://andohiroyuki.com/

赤ちゃんの神経管の発育に必要とされる

『葉酸』

妊婦さんが陥りやすいと言われる

貧血対策のための『鉄分』

これらは、食事から摂取しようと思っても

先にも述べたように制限のある食材を避けて

取り入れていこうとすると難しいですよね(‘_’)

サプリメントの摂取で補うことは良いそうです♪

担当医に相談して、吸収率の良いものを選ぶのも

オススメらしいので、一度聞いてみてはいかがでしょうか。

つわりが収まったらカロリーバランスを!

出典:https://news.ameba.jp/

妊娠中期~後期にかけて

つわりが落ち着いたら食欲爆発期がきます。

しかし、ここで食べ過ぎると体重が増えすぎて

赤ちゃんが苦しくなります。

更に、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を

引き起こす原因になるそうです。

難産や病気の原因になるので

体重の増加は医者からもストップをかけられます。

カロリーを考えて、過剰な食欲はなるべく

制御していきたいところですね。

◆妊娠高血圧症候群とは

妊婦さんが発症する高血圧症のこと。

放っておくと胎児に影響が出るため

慎重な対応が必要になる。

◆妊娠糖尿病とは

妊娠中に発見される糖代謝異常のこと。

妊娠前から既に糖尿病の場合と、

妊娠中でも明らかに糖尿病と診断された場合は

これに該当しません。

が、より重度の状態なので

血糖を厳密に管理する必要がある。

まとめ

  1. 気を付けること① ー【飲み物】ー
  2. 気を付けること② ー【食べ物】ー
  3. サプリメントはOK?
  4. つわりが収まったらカロリーバランスを!

今回私が参考にした記事は、

管理栄養士である望月理恵子さん監修記事の

『kosodate LIFE』さんからです。

リンク貼っておくので、気になる方は

是非観てみてください。

https://epark.jp/kosodate/enjoylife

妊婦さんだけに限らず、身内の方や友人など

近しい方も一緒に確認して、

よりストレスなく過ごされるとよいなと

思っています(‘ω’)

家族の支えって大切ですもんね!

最後までご覧いただき、

ありがとうございます。

どなたかの参考になると幸いです。

では、また(^^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする