ゆうこりん(小倉優子)2回目の離婚危機!旦那が逃げた原因はキツイ性格?

2020-08-03

こりん星は消滅して、

ママタレとして第2の成功を掴んでいた

小倉優子さんこと、ゆうこりん。

 

https://orpelas.com/

 

2回目の離婚となるのか?

連日ニュースを騒がせていますね。

 

元夫のカリスマ美容師との離婚時、

現夫の歯科医師との離婚危機・・・。

 

どちらも妊娠中という

女性からすると、かなりナイーブな時期なわけですが

どうやら原因となっているのでは

ゆうこりんの性格なのでは?

という、噂が浮上しております。

 

今回は、そこんとこどうなの?

っていう部分を探してみました。

 

よろしければ、最後まで

ご覧ください('ω’)

 

スポンサードリンク
 

小倉優子 プロフィール(2020年3月現在)

 

https://mayutre.com/

 

□名前    小倉優子(おぐら ゆうこ)

□別名    りんごももか姫

□愛称    ゆうこりん、おぐママ

□誕生日   1983年11月1日

□年齢    36歳

□身長    162㎝

□血液型   B型

□出身地   千葉県茂原市

□出身校   法政大学

□所属    プラチナムプロダクション

□職業    タレント

□デビュー  2001年

スポンサードリンク

現在の夫は歯科医師

 

元夫は美容師のゆうこりん。

 

https://nobiciro.com/

 

離婚理由は、第2子妊娠中の時に

ゆうこりんの後輩女性と元夫が不倫していたことがきっかけ

と、言われています。

 

第2子出産後に離婚し、子供2人を育てながら

テレビ活動も頑張るゆうこりんを、世間は応援しましたよね!

こりん星からやってきたキャラは辞めて、

ママタレントとして活躍してきました。

 

その後、現在の旦那さんである歯科医院を開業している歯科医師

知人の紹介を経て知り合い、結婚に至ったようです。

 

https://daily-rose.com/

 

夜遊びもしなければ、浮気の心配もなく。

元夫とは真逆のタイプだったことから再婚に至ったという

ゆうこりん。

 

車は外車で高級マンションに住んでいたことから

旦那さんの知人からは派手好きな傾向はあったと言われています。

ただ、46歳にして初婚ということもあるし

稼ぎも貯えもあったかと思うので、ここら辺は一般的な男性・・・

とも、個人的には思いますね。

 

そして、すごく真面目な方だという情報もあります。

今までも仕事一筋で、朝から夜中まで医院で仕事をしていたのだとか。

現在、別居中ではありますがそのスタンスは変わらないようです。

 

もう顔も見たくないの!?

 

2018年に結婚し、現在妊娠中のゆうこりん。

出産予定は今年の8月のようです。

 

https://kurara-blog.com/

 

そんなゆうこりんを置いて、一人家を出て行ってしまった旦那さん。

弁護士を介してのみ連絡を取ることが可能な状態のようで、

それってもう顔も見たくないってこと!?( ゚Д゚)

 

別居理由については、ゆうこりんも旦那さんも話していないですが

「私の至らぬ点がありました」とゆうこりんがインスタに投稿している様子から

何かしらのいざこざ(喧嘩?)があったとは思いますよね。

 

12月に家を出て言った後に、弁護士を通じて

元夫との間にできた2人の息子との養子縁組の解消と

離婚届の書類を送付しているといいます。

 

ゆうこりんは、子供のことも考えると何とか

関係を取り戻したい様子だといいます。

 

スポンサードリンク
 

心酔している占い師に100万円!?

 

ゆうこりんが心酔しているという占い師の存在も浮上

 

離婚しないほうが良いとアドバイスをもらっているのだとか・・・。

そして、相談料として既に100万ほどつぎ込んでいるのでは?

とも、言われています。

 

ゆうこりん、どうした( ;∀;)

元オセロの中島を思い出すよー!!

 

という思い出は置いといて(笑)

 

ゆうこりんが心酔している占い師とは

ゲッターズ飯田さんではないかと囁かれています。

 

元夫との離婚や、現在の再婚時期など

言い当てられていた様子で、信頼していると言われたら

そうかもしれませんね。

 

https://twitter.com/

 

ただ、心酔しているゆうこりんを他所に

周囲の人は信じていないという情報もあるようなので

ゲッターズ飯田さんとは言い切れません(-_-;)

 

離婚原因が「夫のモラハラ説」を旦那本人が否定?

 

当初のこの騒動の内容としては、

旦那さんからのモラハラが原因という説がありました。

 

それもそのはず。

 

  • 芸能人のゆうこりんと結婚したのに「仕事辞めて専業主婦になれ」
  • 結婚記念日である12月に、一方的に家を出て行った。
  • その後、離婚と養子縁組解消も一方的。
  • 生まれてくる子供には会いたくない。

 

これだけの内容を見たら、旦那さんの自分勝手というか

ある意味、子供というか、親になる自覚がなかったというか・・・。

そう思いませんか?

 

ただ、この内容を旦那さん本人が否定してきました。

 

  • 「芸能界を引退しろ」といったことはないし、理解を示していた。
  • 子供たちのことは今でも大切に思っている
  • 一方的に家を出たわけじゃない

 

全面否定ですね。

 

なんなら、「彼女のことも心配している」だったり

「自分の発言が(ゆうこりんの)仕事に影響することを避けたい」などなど。

 

ただ、休日の小倉ファミリーを目撃したという証言から

本当に子どもを大切にしていたの?

という情報もあるんです。

 

飲食店で食事をしていた家族団らんの時間。

旦那さんは終始スマホをいじっている様子。

ゆうこりんは前の座席に子供2人と座り、世話を焼いていたと言います。

そして、食べ過ぎたのか息子が嘔吐してしまったようで

その時も周囲に謝罪しながらゆうこりんが片付けているのに対し

それでも旦那さんはまるで傍観者のようだった。

 

という証言があるのです。

 

https://skyscraper-oasis.com/

 

ふむ・・・('_’)

 

他にも、妊娠を公表することを旦那さんは反対していた。

仕事に対して理解を示してもらえないと、ゆうこりんが周囲に漏らしていた。

などもあるので。

 

一概に否定している旦那さんの言い分が、

絶対とも言い切れません。

 

ゆうこりん事務所総出の立ち回りが

旦那さんの発言によって覆されようとしているのは確かですが

ここの話は今後公になるのでしょうか。

 

スポンサードリンク
 

本当の原因は「ゆうこりんのキツイ性格」説が浮上

 

ほんわかしたイメージのゆうこりんですが、

実は性格が頑固でキツイとの話もあります。

 

仲良しなことでも有名なギャル曽根さんも

怒らせちゃダメな人だと言っていたことがあります。

 

http://akogare.me/

 

前の事務所の後輩女性からは

「私にとっては”怖い先輩”というイメージだった」

とも言われていて。

 

後輩が挨拶しても無視、気に食わないことがあると

”あぁん!?”とすごまれることもあったとか。

 

他にも、元夫もキレやすいゆうこりんに嫌気がさし、

他の女性に逃げたのでは?とも言われており。

 

知る人からは、”何かと口うるさい”とも言われているようです。

 

今回の離婚報道でどんどん泥沼化し、

かなりヒステリックに陥っているという情報もあったり

とにかく周囲の話もろくに聞けない状態なんだとか。

 

https://outidesigoto.com/

 

ゆうこりんの全盛期と言えば、こりん星キャラですよね。

あのキャラもこの素顔からすると、かなりのストレスだったのかも?

 

それに、元夫も、現夫も妊娠中のゆうこりんから

いわば「逃げた?」ともとれるわけですが。

 

妊娠中の女性はそもそもナーバスになりやすく

イライラもしやすいと思うので

そこに性格がそもそもキツイとなれば・・・

拍車がかかった?とも思えます。

 

男性が逃げ出したくなるほどのものなのでしょうか・・・。

 

まとめ

 

  • 小倉優子 プロフィール(2020年3月現在)
  • 現在の夫は歯科医師
  • 心酔している占い師に100万円!?
  • 離婚原因が「夫のモラハラ説」を旦那本人が否定?
  • 本当の原因は「ゆうこりんのキツイ性格」説が浮上

 

元夫との離婚が不倫だっただけに、世間からの同情は大きく

その後の再婚に対しても、世間の応援は大きかったゆうこりん。

 

しかし、再度の離婚騒動となると。。。

矛先はゆうこりん本人に向き始めていますね。

 

個人的な気持ちとしては、

先にも述べたように、妊娠中の女性はナイーブなもの。

そんなの女性のエゴかもしれませんが、

ゆうこりんのお腹の子が心配になってきます。

 

かなりのストレスも抱えていることでしょうし、

離婚するにしても、関係の修復を図るにしても、

せめて旦那さんとしっかり話す機会が設けられたらよいなと

思ってしまいます(;’∀’)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

では、また('ω’)