新型コロナウイルスの影響でマスクと消毒が無い!?代用となるものはある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

国内での感染が広がり続ける

新型コロナウイルス。

「何が効果的なのか・・・」

まだ模索している段階で

決定的なものが見つかるには

時間がかかりそうですね。

今現在、予防のために

効果的だと言われている

【消毒】が巷から無くなってきています。

マスクも相変わらず無い状態なので

【もういっそ家に引きこもるしかない】と

覚悟を決めている人も少なからず

いらっしゃることでしょう。

今回は、今現在無いと言われている

【消毒】について!!

代わりとなるものは無いのか??

探してみました。

最後には話題となっている

手作りマスクの作り方を

集めてみたので

宜しければ、最後まで

ご覧ください(‘ω’)

関連記事はコチラ

新型コロナ感染者数が国内で90人に!どんな症状で、治療法はあるのか

新型コロナウイルス感染を防ぐ予防法は?妊婦への感染リスクはあるのか

クルーズ船の隔離は失敗?【検疫は失敗だ】との世界の日本批判

スポンサードリンク

新型コロナウイルスにはアルコールが効果的?

出典:https://news.yahoo.co.jp/

ウイルスの中には、

感染源となる核を守っている

エンベローブという膜

存在しているそうです。

勿論、種類にもよりますが

今回の新型コロナウイルスは

そのタイプに該当するそう。

この膜はアルコールに弱く

膜が壊れることによって

感染力を失うとされています。

なので、最も有効的な手段

とも言えそうです。

消毒効果のあるアルコールとは?

アルコールには種類があります。

消毒のために一般的に使われているのは

エタノール(エチルアルコール)

市販で売られているものは

アルコールが80%の濃度に薄められています。

100%のものよりも少し水が含まれている方が

ウイルスへの効果が高いのだそうです。

もし!市販のものが手に入らなくても

無水エタノール(100%濃度に近いもの)を

見つけることが出来れば、

エタノール4:水1の割合に薄める

同じよう使えるそうです。

水は水道水で良いとのことなので

わざわざ精製水を用意する必要もありません。

揮発性が高いので

子供のそばではしないことと、

火の側も家事になる恐れがあるので

避けることが大切ですね。

他にも、

サトウキビの糖質+とうもろこしなどのでんぷん

で発酵させることにより作れる

発酵アルコール

石油由来のエチレンを原料としてつくられる

合成アルコール

これらも消毒効果があるとのことです。

ちなみに、危険なのは

燃料用アルコールです。

これにはメチルアルコール(メタノール)が

含まれています。

天然ガスや、石炭からつくられていて

人間の神経を侵す劇物です。

絶対にアルコールだからと言って

消毒用に用いてはいけないので

お気を付けください。

スポンサードリンク

アルコールと言えば、お酒は?

飲料用として売られているお酒。

これもまた、アルコールですよね!

焼酎などには消毒効果がある!?

という話を私も聞いたことがありますし

テレビドラマなどでも

消毒の代わりに焼酎を使っている・・・

という描写を観た事があります。

ちなみに、飲料として売られているお酒でも

アルコール度数が高い場合は消毒効果があるそうです。

ただ、市販で売られていているものは

例えばビールって5%くらいですよね?

焼酎や日本酒、ウイスキーなどでも

高くて40%ほど。

先にも話しているエタノールは80%です。

半分にも満たないので・・・

お酒での代用というのは

効果が期待できないそうですね。

ちなみにアルコール度が強いという

ウォッカの【スピリタス】も代用を考える人が

多いため品薄だそうです。

ただ、消毒効果が保証されているわけではないため

推奨はされていないとのことです。

スポンサードリンク

キッチンハイターで消毒液を作る!!

ノロウイルスが流行った時に

実際に用いられた方法の一つが

キッチンハイターを使って

消毒液を作る方法です。

出典:https://souji-megami.com/

この方法が新型コロナウイルスに効果的だ!というわけではありません!!!

用意する材料

  1. キッチンハイターなどの塩素系漂白剤
  2. 500㎖のペットボトルや容器

※【次亜塩素酸ナトリウム】が含まれている物を用意

作り方

  1. 500mlのペットボトルに水を入れる。
  2. ペットボトルのキャップ「半分程度(2ml)」のハイターを足す。
  3. 混ぜる。

工程はたったの3つだけ。

塩素系漂白剤の濃度を5%→0.02%にすると

手で触れたものに対しての消毒として

効果が発揮されるそうです。

この方法は、あくまでも

触れるものの消毒として紹介しており

自身の手につけて消毒するとしての効果を

立証するものではありません。

ドアノブや、リモコン、手すりなど・・・

手で触りやすい所の除菌として

使用して下さい。

家の除菌を済ませたあとは

気になる場合は水拭きをしてください。

マスクを自分で作る!!

手作りマスクも今じゃ一般的?!

作り方を紹介している物を集めてみたので

参考にどうぞ(‘ω’)ノ

ミシンを使用して作る参考動画

簡単!縫わないで作る参考動画

 

ちなみに一度使うと捨ててしまう

使い捨てマスクの再利用

今話題となっています。

我が家の母も新聞屋さんのお姉さんから

『4回は洗って使いまわしている』

と、聞いたそうです。

医師が推奨しているのは

苦肉の策で再利用するなら1.2回まで

マスク自体の効果として

再利用目的ではそもそも無いことがまず一つで

もう一つは、マスク自体の汚染です。

もし、マスク自体が汚染されていた場合は

洗うという作業の中、菌が飛び散る可能性があり

かえって良くないという結果も考えられるのだとか。

ガーゼのみでマスクとして利用することも

ガーゼは目が粗いため、効果は期待できないそうです。

であれば、マフラーなどで顔半分を覆ってしまう方が

良さそうですね。

ちなみに、マスク用のフィルターも

売っているので、ガーゼや布だけでなく

フィルターを取り入れるのは

効果がありそうです。

出典:Amazon

Amazonやyahoo!、楽天など

商品を検索してみて下さい。

まとめ

  1. 新型コロナウイルスにはアルコールが効果的?
  2. 消毒効果のあるアルコールとは?
  3. アルコールと言えば、お酒は?
  4. キッチンハイターで消毒液を作る!!
  5. マスクを自分で作る!!

ウイルスは熱に弱く

殺菌効果を高めるには80度以上の

熱湯が良いとされています。

マスクを再利用されるなど

もしくは、手袋や病院帰りの衣類など

を、殺菌したい場合は

熱湯に1時間ほど浸けておく!

というのも良いそうです。

市販のマスクがこれに耐えられるか

定かではありませんが。。。

情報としては有益かと思いますので

参考までに。

あとは、体を安易に冷やさないこと。

感染予防のためにあったかい飲み物を飲む。

あったかい食事を心がける。

引き続き、こまめな手洗いやうがいも(‘ω’)

出来ることを心がけていきましょうね。

では、最後までご覧いただき

ありがとうございます。

どなたかの参考となれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする