新型コロナに『アビガン』が効く?実際の効果と、どんな薬なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感染者数が日に日に増えている

新型コロナウイルス。

世界の感染者数を見ていると、

もしかしたら日本って少ない方なのかも?

と、最近感じています。

https://www.nippon.com/

勿論、他人事ではなく身近な恐怖ですが

実際には世界の爆発的な感染拡大を見ると

日本は拡大といっても爆発的ではなく、

抑制が効いていると思っています。

そして、日本の医療制度が厚い

ということが理由の一つとして

上げれそうです。

『え?検査受けれない人もいるのに?』

と、疑問が生まれそうな気がしますが

実は日本の医療制度のレベルとは

OECD(経済協力開発機構)加盟国の中で

最上位なんです。つまり1位。

Q. OECDってなに?

「Organisation for Economic Co-operation and Development

:経済協力開発機構」の略で、

本部はフランスのパリに置かれています。

現在、OECDの加盟国は以下の35か国となっています。

(1)EU加盟国(22か国)
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フィンランド、スウェーデン、オーストリア、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア、エストニア、スロベニア、ラトビア。

(2)その他(13か国)
日本、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ノルウェー、アイスランド、トルコ、韓国、チリ、イスラエル。

※ OECDは、80年代を通じて24か国の加盟国により構成されていましたが、90年代に入り、メキシコ(94年)、チェコ(95年)、ハンガリー(96年)、ポーランド(96年)、韓国(96年)の5か国が加盟、更に2000年にはスロヴァキアが、2010年にはチリ、スロベニア、イスラエル、エストニアが、2016年にはラトビアが加盟し、35か国となりました。

https://www.meti.go.jp/

なんでも、英国の医療人材派遣会社

IDメディカル社による

2019年の医療制度ランキングでは

日本が1位だったんだそうです。

そのランキングで

基準となった内容は、こちらです。

  • 医療費
  • 病院ベッド数
  • 医師数
  • 看護師数
  • 平均余命

などのデータが元となっています。

医療制度の世界ランキングでも

190か国中、日本は10位と上位なんです。

その点から見ても、日本は決して

医療に関して世界に劣っていないといえます。

むしろ、豊かなんです。

『極貧層が、ほぼいない』と言われている日本。

それだけ医療・治療を受けれる人が

世界から見ると多いんですって。

さてさて。

前置きが長くなってしまいました(;’∀’)

本題へと進みましょう。

今回は、日本も踏み出した

『アビガン』という薬について

調べてみたので

宜しければ、このまま最後まで

ご覧ください。

□新型コロナウイルス関連記事□

新型コロナ「人工的なウイルス」「生物兵器」説って本当??を調査

新型コロナウイルスの影響でマスクと消毒が無い!?代用となるものはある?

新型コロナウイルス感染を防ぐ予防法は?妊婦への感染リスクはあるのか

もう少しの辛抱!手持ちマスクでしのごう!マスクの洗い方を紹介

スポンサードリンク

『アビガン』ってどんな薬?

『アビガン』とは、一般名で『ファビピラビル』といい

抗インフルエンザウイルス剤です。

https://www.huffingtonpost.jp/

インフルエンザの治療用として、

6年前に日本の製薬会社が開発した薬です。

しかし、この薬。

妊婦さんは飲めないんです((+_+))

動物実験の段階で、胎児に副作用がある

事例が報告されていることから、

妊婦への投与は不可となっています。

その副作用の事例というのも

’初期胚の致死及び催奇形性が確認されている’

と報告されているので・・・。

かなりの副作用ですよね。

妊娠の可能性がある方も、投与前に妊娠検査で

陰性であることが確認できないと投与不可。

投与後であっても、7日間は避妊するように

パートナーと徹底してください!

ってくらい、危険なんだそうです。

そして、母乳の中にも移行するため

授乳も中止することになります。

ちなみに、これは女性側への話ですが

男性も他人事ではありません。

精液中に移行するので、

投与期間中~投与後7日間までは

絶対!避妊すること。

妊婦とは性交渉自体をNG!

と、しています。

国がGOサインを出さないと

一般的には処方されない薬で

ほかに効く薬が見当たらない感染症が発生し、

国が使用する判断を持った場合のみ

投与されるそうです。

スポンサードリンク

中国ではすでに治療薬へ

中国では、すでに臨床研究の結果を

公表していて、治療薬の1つとして

使用していく方針となっています。

北京で17日開かれた記者会見で、科学技術省生物センターの張新民主任は、国内の2つの医療機関が行った臨床研究の結果、日本の製薬会社が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」、一般名「ファビピラビル」に、新型コロナウイルスによる肺炎などへの治療効果が認められ、明らかな副作用もみられなかったと述べました。

https://www3.nhk.or.jp/

320人の患者を対象に臨床研究を行い、

『アビガン』を投与しなかった場合は

陽性から陰性になるまでの平均が11日。

投与した場合は4日だったといいます。

肺炎の症状改善も、

投与しなかった場合が62%

投与した場合は91%と高かったそう。

『安全性が高く、効果も明らか』

『正式に推奨する』と発表され

使用を勧めていくと同時に、

日本の会社とライセンス契約を結んでいる

中国の製薬企業が、中国政府からの許可を得て

量産可能な体制もとっているそうです。

スポンサードリンク

日本も臨床研究を開始した

https://www.tv-tokyo.co.jp/

中国で効果があったとされて、

日本でも臨床研究が始まりました。

日本では、国が200万人分を備蓄していて

この備蓄分から臨床研究に踏み込むことに。

臨床研究を開始したのは

愛知県の藤田医科大学病院などです。

https://www2.ctv.co.jp/

研究に参加する全国の医療機関と会議をし、

投与の計画や、採取キットの準備など

話を進めているそう。

ウイルスに感染し、軽症・無症状の

およそ80人を対象としているそうで

ウイルスの量が減るのか、比較するとのことです。

この研究結果によっては

有効な治療薬として

感染で苦しむ人や、そのご家族も

救うことが出来るんですよね。

感染に怯えている人たちにも

勿論、安心感を与えることもできる。

そこから、量産なのか

または元に別の薬が作られるかもしれません。

まとめ

  • 『アビガン』ってどんな薬?
  • 中国ではすでに治療薬へ
  • 日本も臨床研究を開始した

今回は新型コロナウイルスに

有効かもしれない薬『アビガン』について

お話させていただきました。

他にも、有効か??

と言われている『レムデシビル』という

薬などもあるのですが。

https://news.yahoo.co.jp/

実際に今動き出そうとしているのは

この『アビガン』になりますね。

胎児への副作用が大きい薬なので

妊婦さんや出産後のお母さんには

ある意味、恐ろしい薬かもしれません。

そこは、今後どのように医療界や

国が対策をしていくのか。。。

また、他にも情報が出てきたら

このように記事にしていけたらよいなと

思います。

最後までご覧いただき

ありがとうございます。

では、また(‘ω’)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする