怪演で話題の水野美紀(女優)の魅力とは?実際はどんな人?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

GWもはじまりました。

皆さんはどうお過ごしでしょうか。

私は、もっぱらダラダラ&ゴロゴロと

ゲームです( `ー´)ノキラリ

さてさて、何かと怪奇な演技で話題となる

水野美紀さんを今回は探っていきます。

https://www.asahi.com/

何だか最近はこの怪演ばかりで話題に上りますが

元々はそういう役柄が多かったわけでは無いですよね。

。。。。。(確か、そうだ)

そして、イメージが湧きにくいですが

実際の人柄はどんな方なんでしょうね(‘ω’)

ってところも気になったので、

よろしければ、最後まで一緒に

お楽しみいただければと思います。

では、スタート!

スポンサードリンク

水野美紀プロフィール(2020年4月)

https://www.nikkei.com/

名前:水野美紀(みずの みき)

本名:同じ

出身地:三重県(出生は香川県)

出身校:明治学院大学文学部英文学科中退

誕生日:1974年6月28日(45歳)

身長:167㎝

血液型:B型

職業:女優

事務所:オフィス・モレ

活動期間:1987年~

旬の話題作「M 愛すべき人がいて」

“歌姫・浜崎あゆみ”の誕生まで、

そして秘められた出会いと別れ”

を描いた小松成美さんの小説が、

ドラマ化された本作。

https://www.amazon.co.jp/

https://headlines.yahoo.co.jp/

ドラマの脚本は鈴木おさむさん。

主題歌は浜崎あゆみさんで、「M」

水野美紀さんの役柄は、

スパルタ鬼講師の天馬まゆみ役

https://www.cinemacafe.net/

音楽プロデューサーであるマサが信頼を置く、

ニューヨークの名講師役なのですが、

登場から奇抜なファッションや、

「今度『え?』って言ったら燃やすよ?」

などと暴言を吐く恐ろしく厳しい役柄です。

https://thetv.jp/

レギュラー出演では無く、

ゲスト出演なのにもかかわらず

”クセの強い”役柄でまたもや

怪演を披露し話題となりました。

SNSではこの水野美紀の演じる

天馬まゆみの登場時に、

「笑いが止まらん! 腹痛い!」

「いや、こんな先生いるわけねぇだろw」

「水野美紀がいい味出てる!」

「今、日本で一番自由な女優は間違いなく水野美紀」

「何度でも見たい水野美紀のドラムさばき」

「無限の可能性を秘めている」

という、投稿が溢れ

ドラマの話題性と共に、

水野美紀の怪演を楽しみにしていた

人たちが多かったのも伺えます!

スポンサードリンク

過去の出演作と役柄

デビュー当時は雑誌のモデルやCMを

メインに活動してた女優さんですが。

1994年にバーニングプロダクションへ移籍し

ゴールデンタイムのドラマにも登場!

1997年には『踊る大捜査線』シリーズに

柏木雪乃役で出演したことで、幅広い世代から

認知されることになります。

https://middle-edge.jp/

小学校6年生から中学1年生までの2年間、

少林寺拳法を習っていたこともあり、

上京した後も倉田アクションクラブに通い

本格的なアクションの修業を積んでいたそうで、

アクション女優としても定評です。

『恋人はスナイパー』シリーズでは

円道寺きなこ役を演じ、本格的な

カンフーアクションもこなしていますし

http://hh0526.blog63.fc2.com/

https://twitter.com/

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』でも

香坂朱里 役で登場していますね!

https://www.cinemacafe.net/

https://thetv.jp/

水野美紀=怪演というイメージを

定着させたのは2017年1月に放送された

『奪い愛、冬』の森山蘭 役ではないでしょうか。

https://thetv.jp/

https://twitter.com/

https://girlschannel.net/

夫の浮気現場を押さえるために、

クローゼットの中に潜み、

キスする時に「ここにいるよ~!」

「見てたよ~!」と言いながら

飛び出してくるという。。。

身の毛のよだつ恐怖シーンが大反響を呼んだことで

怪演が定着したものかと思います。

https://twitter.com/

怪演(かいえん)とは、

不気味でありながら、魅力ある演技。

を、指している言葉だそうです。

ご存じでしたか?

私は、怪奇な演技かと思ってましたよ。笑

続きは、魅力は「振り切った演技」から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする