結婚したいだけなのに・・婚活女性の『年収高望み』に警鐘!?年齢設定の方程式とは?

2021-04-22

こんにちは!

 

結婚したくて、婚活する。

結婚相談所に登録してみる。

 

やってみたことある方!!

もしくは、検討中の方!!

朗報です。

 

結婚を意識する時に重要な

『年収』と『年齢差』について。

 

結婚したいだけなのに・・婚活女性の

『年収高望み』に警鐘!?年齢設定の方程式とは?

 

婚活アドバイザーの大西明美さんの

「年収と年齢差の方程式」という

記事を見つけて面白かったので

シェアしたいと思います。

 

朗報というより、人によっては

悲報かもしれません(;’∀’)

 

では、スタート!!

 

【関連記事】

婚活女性への助言、デヴィ夫人の『婚活論』が頼もしい!!

 

 

スポンサードリンク
 

男性の年収は下がっているという現実

 

https://heikinnenshu.jp/

 

結婚を望む女性が希望する年収。

600万円以上が多いんですって。

皆さんはどうですか?

 

現在、男性の年収は下がっている方が多いという

現実があります。

 

その原因の一つになっているのが、

いまだ渦中にある新型コロナウイルスによる

不況の波です。

 

結婚相談所では、昨年の年収を申告するという

ルールが設けられているようです。

※場所によると思います。

 

その結果、昨年より50万円~150万円も

年収が下がっている方が続出しているそう。

 

実は、コロナ不況以前に働き方改革によって

残業を制限されている会社が多いようなんです。

そして、現在はテレワークも推奨されている中

残業は原則無し!!という会社も多いはずです。

不況により、ボーナスが大幅に減ってしまった方も

多いはずなんですよね。

 

https://news.yahoo.co.jp/

 

しかしながら!!!

 

この男性の年収が下がっているという現実がありながら

女性が希望する年収は変わらないそうなんです。

こりゃ、大変なことです。

 

ちなみに、普段会社勤めしている私でさえ

不況を肌で感じ取っています。

 

ちょっと、ここは・・・。

男性が可哀そうに思ってしまいますね(;’∀’)

 

 

スポンサードリンク
 

年の差は「5歳以内」が良いという希望

 

年収600万以上が良い!

という希望に続くのが、年齢差です。

 

https://trilltrill.jp/

 

皆さん、結婚するなら何歳くらいの差が

良いと思いますか?

 

シンキングタイム!!!

(↑要らない(笑))

 

ちなみに、私は10歳くらい年上でも

良いと考えているのですが。

現在の年齢が上がれば上がるほど、

お相手の方もその分”おじさん”になってしまいますよね。

あくまでも、今なら!!という感じでしょうか。

 

実際に結婚相談所へは、年齢差は

5歳以内が良いという希望が多いようです。

 

これは、年上のみならず。

年下じゃないと嫌だ!という方もいます。

 

待て待て、年下で年収600万円以上!?

 

ちょっと、高望みが過ぎるのでは?

と、私でも思ってしまいますね(゚Д゚;)

すみません。

 

もちろん、昔より成果報酬とする企業が増えたので

若くても高収入の方は沢山いるそうです。

しかし、結婚相談所に関しては

年功序列といった状態が続いている傾向の様子。

 

つまり、高収入を望むのであれば、

男性の年齢も高くしておかないと、

条件が一致する方がいない!!

という、状況になるのだそうです。

 

なので、年収600万円以上で歳の差は5歳内。

というのは、無謀すぎる条件!

というわけなんですって。

 

スポンサードリンク
 

年収と年齢差の方程式とは?

 

大西さんは20年間で4万件以上のアドバイスをしてきた

プロなわけですが。

 

その経験から分析して導き出されたのが・・・

「年収と年齢を正しく設定するための方程式」です。

 

https://media.qikeru.me/

 

一体何なのか、見てみましょう。

 

■首都圏の方程式

最低年収÷50万円=上限の年齢

 

年収600万円を希望する場合は、

年収600万円÷50万円=12歳となります。

 

つまり、12歳年上の方を探すのです。

こうすることで、5人に1人の確立で

お見合いが成立すると言います。

 

ちなみに、最低年収よりも5歳差の年齢の方が

重要だと思う方は逆算します。

 

5歳×50万円=最低年収250万円

 

と、なるわけです。

確かに、グッと幅が狭まりましたよね!

なぜなら、最低年収250万円なら!

ほぼ100%の男性が満たしているラインらしいのです。

条件が合いそうですよね。

 

と、ここまでは首都圏内の分です。

地方に比べて収入が高い傾向があるので

地方の方は次を見ましょう。

 

■地方の方程式

最低年収÷40万円=上限の年齢

 

おっと!!!

地方の方が過酷でした(;’∀’)

年収600万円を望むなら、15歳上になります。

 

スポンサードリンク
 

プロフィール工夫しとこ!

 

さてさて、上までは年齢差と年収。

シビアなところですが、切り離せない!!

妥協したくない!!

なんて、方もいるのではないでしょうか。

 

実は、早い話・・・。

プロフィールの仕上がりが良かったり、

写真が綺麗だったり、美人だったりで。

お見合いの受諾率は上がるんです。

 

信じたくないですが、書類面接などの

審査でも通過率は上がります。

 

なので、何も努力せずに求めるのではなく

自身も出来る努力、思いつく工夫をすることが

大切ということですね!

 

他にも、受け身になり過ぎてしまわずに

積極的に自分からのアプローチも必要です。

 

https://marihonnete.com/

 

自分が綺麗に見える写真の撮り方や、

お見合いの時に素敵な笑顔を振りまけるように

練習しておくのも良いかもしれませんね!

 

スポンサードリンク
 

あとがき

 

最後までご覧いただき

ありがとうございます。

 

私と同じく、女性の方や。

または男性の方にも。

何かしらの参考となれば嬉しいです。

 

また、この話は結婚相談所の話ですが

恋愛や、合コンとかにも使えるのかも?

新たな出会いでも活用できそうですよね。

 

ではでは!(^^)!