大型犬を飼う時の準備、我が家の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、犬について話をしようと思います。

私は物心が付いた時から犬が大好きでした。

近所のわんちゃん達に、どれだけかまっていただいたことか。

我が家で犬を飼い始めたきっかけになったのは、

私が幼い時にお隣の家の犬小屋に立てこもったからですね(;’∀’)

見かねた両親が『うちでも犬を飼おう!』と決断してくれて、

念願のワンちゃんが来てくれたわけです。

スポンサードリンク

初代のワンちゃんは大型犬

最初に我が家に来てくれた天使は、ゴールデンレトリバーでした。

父が大型犬好きだったこと、母は外で飼いたかったこと

そして、人好きで優しい性格の犬種なのでこの子に決まりました。

ペットを飼う前には、まず家族の意見を出し合うことが大切ですね。

そして、犬種は飼い方を左右する重要なポイントです。

ペットショップには子犬がいますから、成長したら思ったより大きかった!となると散歩が大変だったり、家の中だと手狭だったりします。

迎え入れる前に、環境を作れるか否かも大事なので、飼う前にあらかた調べておくことをオススメします。

用意したもの(室内編)

  • 子犬の間の部屋となるゲージ(サークル)
  • ベッド
  • トイレと、トイレシート
  • 水を入れる給水ホルダー
  • ごはん用の器
  • ドッグフード
  • 移動用のハウス

ゲージの中にベッドとトイレを設置し、

ゲージの側面に給水ホルダーを取り付けておきます。

寒いと可哀相なので、ブランケットやタオル、毛布を入れてあげると尚良いですね。

予防接種が終わるまで外で遊ぶことはできないので、

一緒に遊べる玩具も用意しておきました。

スポンサードリンク

用意したもの(屋外編)

大きくなってから外で飼い始めたので次は屋外編

  • 犬小屋
  • ご飯と水用の器
  • 首輪
  • 繋いで置く用のリード
  • お散歩用のリード
  • 糞を取る用の袋

犬小屋は家族で作りに行きました。

リードは家用も散歩用も最初は綱だったのですが、引きちぎってしまいまして(;’∀’)笑

最終的には鎖(チェーンタイプ)になってましたね。

引っ張る力が強いので、子供の時は引きずられまくりでした。

その後は自分の力も成長とともに追いつき、犬も慣れて落ち着いてきたので

散歩は難なくいけましたが、最初は両親と一緒じゃないと散歩に行けなかったです。

大型犬で良かったこと

番犬になってくれる

基本的に優しい性格の子だったので、人に向かって吠えることはあまりなかったです。

子供にも優しく、誰かに噛みついた事も一度もありませんでした。

でも、体格が大きい分、玄関にいてくれるだけで番犬にはなってましたね。

頼れる安心感

子供ながら思いっきり抱きついたりしてましたが、ビクともしない安心感。笑

散歩中に何かあっても、この子なら守ってくれるんじゃないかと思ってました。

スポンサードリンク

まとめ

  • 初代のワンちゃんは大型犬
  • 用意したもの(室内編)
  • 用意したもの(屋外編)
  • 大型犬で良かったこと

今回のお話はいかがだったでしょうか。

犬にも性格がありますので、私の話はもしかしたらその点に偏りがあったかもしれません。

犬は人間でいうと2歳~4歳くらいの知能があるそうです。

人間より長寿ではありませんが、10年~14年ほどは一緒に過ごすことができる家族でありパートナーとなります。

ちなみに、この子は10年で癌のため天国へ行ってしまいました。

もっともっと一緒に居たかったと今でも思います。

そして天国で楽しく過ごしていてほしいと心から願っております(^^)

犬を飼おうと思っている方に、今回の記事が何かしら参考となれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする