片岡篤史(元阪神)「アビガンに救われた」退院までの経緯とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

元阪神タイガースの片岡篤史さんが

新型コロナウイルスに感染し、入院から

無事に退院されたことがニュースに!

研究段階だと言われている「アビガン」が

効いたと、効力も伝えてくれています。

すごい希望ですよね!!

今回は入院から退院までの経緯を

お伝えしていこうと思います。

よろしければ、最後まで

ご覧ください(‘ω’)

スポンサードリンク

片岡篤史プロフィール2020年4月

まずは、今回の朗報となった

片岡さんのプロフィールをどうぞ(‘◇’)ゞ

https://headlines.yahoo.co.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇名前:片岡篤史(かたおか あつし)

◇生年月日:1969年6月27日(50歳)

◇出身:京都府久世郡久御山町

◇身長:188 cm

◇体重:92 kg

◇選手歴:

  • PL学園高等学校
  • 同志社大学
  • 日本ハムファイターズ (1992 – 2001)
  • 阪神タイガース (2002 – 2006)

◇投球・打席:右投左打

◇ポジション:三塁手、一塁手

◇プロ入り:1992年4月4日(ドラフト2位)

◇最終:2006年10月12日(引退試合)

◇コーチ歴:

阪神タイガース (2010 – 2012, 2016 – 2018)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年に球団を辞任し、

2019年からはフジテレビ・関西テレビの野球解説者、

スポーツニッポンの野球評論家として活動。

他にもYouTubeチャンネルも開設し、

新型コロナウイルスに感染し、入院中も

動画公開している。

無事に回復し、4月24日に退院となりました。

スポンサードリンク

「陽性」と診断→退院まで

片岡さんが最初に感じたという

初期症状は「発熱」「息苦しさ」

だったといいます。

測ってみたら熱があって、

倦怠感はそんなに無かったといいます。

ただ、なんだか締め付けられるような

息苦しさを感じたそうです。

4月7日に兵庫県内の病院で

肺炎と診断されたのちに入院し、

PCR検査を受け、陽性と判明。

食事は取れず、座るだけで咳が止まらず

鼻にチューブを付けていたとのこと。

YouTubeにUPされていた、入院の様子が

コチラです↓↓

こちらは、4月14日にUPされたもので

入院からすでに1週間経っているようです。

息苦しそうで、声も掠れているようですね。

この時のことを片岡さんは、

「私の中ではかなり良くなった状態」

と話しています。

この動画を撮影する前は、

39.8度という高熱だったそうです。

動けず、数メートル先のトイレにも

行くのがしんどかったようです。

そして、このまま死ぬのではないかと

自身の「死も感じていた」といいます。

見る限りは、一般的な病床のようなので

いわゆる「軽症」と言われている状態かと

推測されますが・・・

この状態で軽症なの!?

と、思ってしまいますね。

退院されるまでに体重は10キロ落ち、

2週間動けなかったことから体力も落ち

退院された現在も日常生活に戻れた!

とは、まだ言い難い状態のようです。

 

思い返しても感染経路がわからない

と、仰ってますね。

どこで感染してしまうかわからない恐怖、

そして「まさか自分が・・」というのが

本当にリアルな声だと感じました。

スポンサードリンク

投与された「アビガン」の効果

片岡さんは、入院後すぐに

「アビガン」を飲んだようです。

https://premium.toyokeizai.net/

アビガンに関しての記事は

別にも書いているのでよろしければ

どうぞm(__)m

こちら↓↓

新型コロナに『アビガン』が効く?実際の効果と、どんな薬なの?

「アビガン」は新型コロナの特効薬となるのか!国内での生産に向けて始動開始!

4月7日に安倍首相が緊急事態宣言を

発令した際には、120例を超える投与と

症状改善の効果が出ていると話していました。

しかし、中国では日本より早く臨床結果を発表し、

「有力候補だ!!」と言われていたのに、

その後、発表論文の一部は取り下げられ、

その理由も不明だそうです。

治療効果への期待と、冷静な見方が必要という

現在もまだ特効薬と言われている段階では

無い薬なわけですね。

片岡さんも効果が出るかは、未知数の中

「3日くらいで効くと思います」

医者から話されたそうです。

そして、本当に飲み始めてから

約3日後に熱がぐっと下がったそうです。

そのおかげか、無事に快方へと向かい

入院から17日後の4月24日に、

PCR検査で2度の陰性を確認され

退院することができたようです。

ちなみに、片岡さんは嫌煙家で

喫煙や持病もなかったものと思われます。

まとめ

  • 片岡篤史プロフィール
  • 「陽性」と診断→退院まで
  • 投与された「アビガン」の効果

今回は、新型コロナウイルスに感染から

無事に回復することができた

片岡さんを紹介いたしました。

こうやって生の声を聞き、

回復している人もいるのだと知ると

少し安心する部分がありますよね。

そして、治療薬になるかも!!と

言われている「アビガン」の効果も

期待から希望に変わっていく気がします。

日本では6月末で試験を終了し、

本格的に治療薬の申請に入る予定だそうです。

早ければ、年内のうちに承認され

正式な治療薬となる日も近いか。。。

希望から安心へ変わっていくことを

願わずにはいられません。

しかし、早くても年内か・・・

まだまだ自粛生活は続きそうですね。

新しい趣味でも探そうかな”(-“”-)”

私たちができることは、

「感染拡大を止めること」

家にいることもそれに繋がります。

がんばりましょうね!!

最後までご覧いただき

ありがとうございます。

では、また(‘ω’)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする