『東洋の真珠』と呼ばれたデヴィ夫人、波乱万丈の人生と培った総資産は?!

2021-10-09

こんばんは(^-^)

 

明日の、芸能人が本気で考えた!ドッキリGP

 

ジェジュンもジャニーズもダマすぞSP

 

 

 

 

に出演予定の

 

日本を代表する美魔女と言っても

過言ではないデヴィ夫人

 

出典:https://i-voce.jp/

 

元ファーストレディとしても

有名ですよね!

 

今回はそんなファーストレディとして

華々しい人生を歩むに至った経緯と

 

現在もご健在であらゆるご活躍をされてますが、

一体、その総資産ってどれくらい?!

 

と、気になることを調べてみました。

 

宜しければ、最後まで

ご覧ください( ´ ▽ ` )ノ

 

スポンサードリンク
 

デヴィ夫人のプロフィール(2020年2月現在)

 

出典:https://thetv.jp/

 

 

■名前   デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno)

■本名   ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)

■旧姓   根本 七保子(ねもと なおこ)

■愛称   デヴィ夫人

■誕生日  1940年(昭和15年)2月6日

■年齢   80歳

■血液型  A型

■出身地  東京都港区西麻布

■出身校  東京都立三田高等学校(定時制部)

■国籍   インドネシア

■身長   159㎝

■職業   タレント YouTuber

■その他

  • NPO法人アースエイドソサエティ総裁
  • (株)デヴィーナ・ソサエティ代表取締役

 

波乱万丈の人生

 

今でこそ煌びやかで華やかな印象を受けますが

大工の棟梁をしていた父、母と弟が1人いて

太平洋戦争中は、父以外の家族と福島に疎開していたという

所謂、一般家庭の生まれです。

 

※ ちなみにハーフではございません('ω’)ノ

 

15歳の時に映画『青ヶ島の子供たち 女教師の記録』に

無名のエキストラとして出演したことがあります。

 

出典:https://wikiwiki.site/

 

(なにせ、若かりし頃から相当の美人)

 

定時制の高校に進学したと同時に

150倍の難関を突破し、現在のジブラルタ生命保険に

入社しています。(当時の千代田生命)

 

何人が入社希望だったかは定かではありませんが

150倍って凄い倍率ですよね( ゚Д゚)

 

定時制の高校に通い、更に保険会社にも入社し

それだけでも忙しい毎日だったろうと思いますが

 

加えて、昼休みや休日を利用し

アルバイトを掛け持ちする日々を送り

貧しい家計を支えていた・・・

なんとも親孝行な娘さんです( ;∀;)

 

16歳の時にお父さんが無くなったことを機に

高校を中退し、赤坂の有名高級クラブ

コパカバーナで働きました。

 

出典:https://middle-edge.jp/

 

このお写真は18歳ごろと想定されますが

綺麗ですねー!!

 

(私の18歳の時の写真は死んでも並べたくない('ω’))

 

19歳の時に、インドネシアへの開発援助に伴い

「東日貿易の秘書」という名目で、

スカルノ大統領のもとへ行くことになります。

 

当時のインドネシアは、独立後まもなくで

東西冷戦下であったそうです。

 

インドネシアに渡って数年間は、愛人の1人として

過ごしていたそうですが。

 

その後、22歳の時に正式に結婚し

4人の夫人の中の第3夫人となりました。

 

出典:https://blue-38.com/

 

ただ当時のメディアは放っておかず、

日本のマスコミは大騒ぎし。

 

執拗な取材で体調を崩していたお母さんが

亡くなってしまいます。

 

更に!!その2日後には

セールスマンに全財産を騙し取られ、

母の死に目にも会うことが叶わなかった

実の弟である八曾男(やそお)さんが

自宅アパートにてガス自殺。。。

 

若くして天涯孤独となってしまったデヴィ夫人は

『何時までも心から離れない、悲しいトラウマになっている』

と話しています。

 

出典:https://blue-38.com/

 

後にジャカルタの宮殿の一つに『ヤソオ』と名をつけています。

※この宮殿はのちに接収され、現在は軍事博物館になっています。

 

出典:https://www.tripadvisor.jp/

 

結婚からわずか3年にして、軍事クーデター(9月30日事件)で

スカルノ大統領は失脚し、軟禁状態となってしまいます。

 

デヴィ夫人は、日本大使館に亡命を希望。

しかし、国際的立場上の理由から断念します。

 

この事件を機に、スカルノ元大統領の

第1夫人と第4夫人は離れていきました。

 

その中、27歳の時に娘のカリナさんを出産します。

(Kartika Sari Dewi Soekarno. Kartika Sari)

 

出典:https://www.joseishi.net/

 

その後、亡命者に対して政治的に寛容だった

フランスに亡命することにします。

(スカルノ元大統領は存命中の決断)

 

その後も、デヴィ夫人は再婚していません。

 

デヴィ夫人が30歳の時に、スカルノ元大統領は死去し

インドネシア政府から財産相続の権利や

子供の地位も損失しています。

 

しかし、その後の政府方針で

第3夫人としての遺産分与が行われたそうです。

 

フランスの貴族との婚約もあったのですが

破局しています。

 

(大統領とか貴族とか凄い世界)

 

『東洋の真珠』『社交界の華』と呼ばれた

端正なルックスにより多くの要人たちと関係を持ち

 

40歳の時には一度インドネシアへ戻り、石油事業を展開。

しかし、既に元大統領夫人という外交的立場は

失われていたといいます。

 

また、あれだけ騒いだ日本メディアも

クーデターにより失脚したスカルノ夫人を

擁護することは無かったそうです。

 

51歳の時にニューヨークへ移住し

インドネシアの第一線からは退き

その後の動乱には巻き込まれることも無く過ごしました。

 

実は52歳の時にアメリカで逮捕されたことがあります。(驚き)

 

第4代フィリピン大統領の孫娘である

ミニー・オスメニャ(Minnie Osmena)の顔を

シャンパングラスで殴打し、

37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕され、

禁固60日・罰金700ドルの実刑判決。

 

その後34日間収監されています。

 

当時の事を『刑務所での生活は学生寮みたいで楽しかった』

と話しています。笑

 

日本に帰国後、現在のようにテレビで

拝見できるようになった。。。

 

というわけです。

 

波乱万丈すぎて、言葉になりませんが

こういった苦労を重ねてきて今の夫人かと思うと

見方が変わってきますよね!!

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

現在の主な活躍の場

 

出典:https://jisin.jp/

 

タレントとして番組に出演していることが

多いイメージがありますが。

 

日本国外でも社会活動を積極的に行っています。

 

NPO法人アース エイド ソサエティ

(EARTH AID SOCIETY)を2005年に設立し、

毎年秋に「ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット」を開催、

その収益金で寄付や寄贈を行っています。

 

他にも、 講演活動や、堪能な語学を活かした内容のものから

社交界に至るまでの 著書だったり、

不動産業やインドネシアの 石油事業などなど。。。

 

日本にとどまらず、数多くの事業展開を

されているんですね('ω’)

 

出典:Amazon

 

↑↑↑

これね、個人的にとても気になります。

読んだらレディになれるかも(*´з`)

 

スポンサードリンク
 

 

 

 

ぜひ、続きもご覧ください(^^)/