檀れいがCMから消えた?サントリー「金麦」は降板だったの?

2020-10-05

現在NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で

信長・信勝の生母役である土田御前を演じている檀れいさん

 

https://samurai-hi.com/

 

ずっと 金麦CM=檀れい というイメージでしたが

石原さとみさんに変更後、CMでは登場していないような?

 

長年イメージキャラクターだったのに、なんで変更になったの?

 

ふと気になったので調べてみました。

 

よろしければ、最後までご覧ください('ω’)

 

スポンサードリンク

檀れい プロフィール(2020年3月現在)

 

https://www.ohtapro.co.jp/

 

□名前    檀 れい(だん れい)

□本名    山崎 まゆみ

□愛称    だんきち、だんちゃん、まゆみ、だん

□別名    タン・リー(中国公演時)

□誕生日   1971年8月4日

□年齢    48歳

□身長    162㎝

□体重    不明

□血液型   A型

□出身地   兵庫県温泉町(現在の新温泉町)

□出身校   宝塚音楽学校

□所属    太田プロダクション

□職業    女優(元宝塚歌劇団 娘役)

□デビュー  1992年

スポンサードリンク

長年務めた「金麦」CMは降板?

 

2007年からイメージキャラクターとして起用されて

2019年まで60本以上のCMに登場していた檀さん。

 

https://geitopi.com/

 

「金麦を用意して夫の帰りを待つ健気で明るい妻」を演じ

男性からは 「こんな奥さんいいなぁ」と好評だったそうです。

 

 

 

逆に女性からは「こんな嫁いねーよ!」という不満もあったそうですが(;’∀’)

 

このCMで認知度や好感度を確実にUPさせてきたと思われます。

 

2019年には木村拓哉さんが出演になったり・・・

 

ここにきて、2020年から石原さとみさんへ!

 

 

 

事実上、檀さんは降板?

 

とも、思えるのですが(十分、長かったんですけどね!)

 

CMのイメージとして、「よい奥さん」感が強かったので

離婚が原因で奥さんのイメージを失ってしまったのでしょうか。

 

サントリー側は「離婚の影響はなし」としていたのですが。

円満「卒業」ということなのでしょうかね。

 

ちなみに、石原さとみさんはサントリーでも「プレミアムモルツ」に出てたんですがね!

商品チェンジなのでしょうか。

 

そして、長年の「奥さん」シチュエーションは

無くなってしまいましたね!

 

檀さんは、このCM卒業とほぼ同時に

現在の太田プロダクションに移籍しているようなので

心機一転、何かを切り替えたかったのかもしれません。

 

どちらにしても、事実は不明ですが

長年お疲れさまでした(^^)

ということで、降板というより「卒業」という言葉のほうが

似合うかもしれませんね!

 

ちなみに、私の父は「檀さんのCMのほうが好きだった」と

まだ「金麦の檀ロス」状態です。(笑)

 

スポンサードリンク

直近の出演情報

 

冒頭でも話したようにNHK大河ドラマ「麒麟がくる」には継続して出演しています。

 

https://www.oricon.co.jp/

 

他にも、3/21(土)の「世界ふしぎ発見!」に出演予定です。

 

https://www.tbs.co.jp/

 

そして、金麦のイメージがよほど強かったのか

他のCMに出演していたことを恥ずかしながら知りませんでした( ゚Д゚)

 

ドクターデヴィアスのCM第3弾

「フレッシュPL GF100 リスボン「世界でひとり」編」が2019年10月から放映されていました(;’∀’)失礼しました。

 

 

 

元タカラジェンヌだけあって、身振りが美しい。

 

まとめ

 

  • 檀れい プロフィール(2020年3月現在)
  • 長年務めた「金麦」CMは降板?
  • 直近の出演情報

 

今回は、女優の檀れいさんについて

お話させていただきました。

 

金麦イメージ、個人的にもまだ檀さんが強いのですが

今から石原さとみさんイメージに染まっていくのでしょうか('ω’)

 

無邪気な笑顔で金麦飲んでるっていう点では

お2人とも素敵なんですけどね♪

 

移籍された太田プロダクション自体は、タレントが多く所属している事務所なので

今後の活動は女優だけにとどまらないかも?

 

バラエティのイメージはないですが

今後もまだまだTVで、映画で観たい女優さんです!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

では、また(^^)/